ストリートな写真
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
臍帯血 移植
 友人が白血病の治療の為、臍帯血移植をした。

彼が入院してからWebなんかでも骨髄バンクに登録を呼びかけたりもしましたが、

正直、骨髄移植というと痛い怖いというイメージ持っている人多かったです。

今回彼はドナーを待っている時間が無く、骨髄移植ではなく臍帯血の移植になりましたが

患者が受ける移植のやり方自体では骨髄と臍帯血の差というのは

液の量が違うくらいのものだそうです。

ここでは、臍帯血移植と骨髄移植の違いのメリットデメリットは書きませんので

興味あればググってみてください。

骨髄の場合ドナー側の負担もよく聞きますが、2,3日の入院と骨髄採取の際には

全身麻酔を使い注射で髄液を抜く程度らしいです。

で、移植自体ですがものすごくあっけなく終わります。


臍帯血

濃度を変えて薄いのから順番に打ってきます。

骨髄の場合は量がもっと多いそうです。



首に刺してある管へ注入中


笑顔で受け答えして辛さは感じませんでした。

時間にして5,6分であっけなく移植は終わりました。

この後は安静にして定着を待つだけです。






寛解をむかえて移植に望めれば治る可能性は高いそうです。

骨髄、
臍帯血とも白血病の治療にはすごく効果があるにも拘らずドナーを待ってる

患者さんは今も多数います。



これを見てなにか感じてくれたら幸いです。



ストリートな写真


写真 comments(0) trackbacks(0)
津軽にて

高橋竹山のお墓のあるお寺の樹。

大きくてりっぱな樹。

こんな樹を見るといつもさわってみる。

ずっと昔からこの土地をただただ見守ってきたんだなぁ・・・って。

竹山が産まれるずっと前からいて幾つかの戦争を生き抜き、

竹山のお墓を見守り俺に写真を撮られまたここで津軽を眺める。

これから長く厳しい冬がやってきて春には近所の大きな桜に花が咲く。

津軽民謡が聴こえてきた気がした。




俺だけの記憶の写真。


写真 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |
Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.